当サイト厳選!おすすめキャットフードランキング

当サイトで紹介している無添加キャットフードは全て成分を分析して私が実際に購入した商品です。良かったらランキングからレビュー記事を見てみませんか?

カナガンキャットフードは危険!?高タンパクなご飯が危ない理由とは!?

manga_niku少し前まで「高たんぱくなご飯は腎臓に良くない」という説がありました。

これは「たんぱく質を多く取ると腎臓を沢山働かせるため」と考えられていたからなんですがこれ、全く気にしなくて良いです。

 

10年ほどかけて研究を行った結果

高タンパクなご飯が腎臓の数値を悪くするという結果にはならなかったんです^^

今日はむしろ高タンパクなご飯を進める理由について解説していきます。

研究の内容をもう少し詳しく

 

kenkyu_woman高タンパクなご飯を進める理由にもつながるので研究の内容についてもう少し詳しく解説していきます。

 

この研究では腎臓が悪くなった犬にたんぱく質が19%、27%、56%含まれたフードを4年間あげるという項目があります。

結果は腎臓の数値に変化はありませんでした。

 

更に腎臓の8割近くを除去した犬にも16%、31%のフードを1年ほどあげる研究でも腎臓の数値に変化はありませんでした。

つまり、犬と猫という違いはありますが、「高タンパク=腎臓に良くない」というのはただの俗説で、全く根拠の無いことなんです。

むしろ「高タンパクなご飯の方が良い!」その理由とは?

niku_gyu研究の中では高たんぱくなご飯を食べ続けた犬の腎臓の方がよく機能するということがわかりました。

また、高たんぱくなご飯を食べている子は尿路細菌と戦う力が高いことも分かりました。

更に、この研究の中では低たんぱくなご飯を食べ続けた子の方が死亡率が高いという結果になりました。

 

研究対象は犬でしたがこの辺りについては犬は雑食ですが、猫は完全な肉食です。

なので高たんぱくなフードは猫ちゃんの方がより健康面でのメリットは多いでしょう。

 

上記とは別の論文ですが、猫に高たんぱくなご飯を食べさせ続けた研究結果があります。

やはりこの研究でも高たんぱく食の子はおしっこの回数が増え、結果的にストルバイト結石を予防する効果があると書かれています。

詳しくは3.2 尿のpHも原因の一つこちらの記事中にあるリンクよりどうぞ。

 

ただ、ここで勘違いして欲しく無いのが

「高たんぱくならなんでも良いの?」ってことです。

たんぱく質の「質」が大事!

そもそも市販のキャットフードは原材料である動物性たんぱく質の含有量が少ないので高タンパクなご飯にはならないんですが、使われている肉も粗悪なものが多いので消化・吸収に良くないのは確かです。

 

最近であれば、グレインフリー(穀物不使用)のキャットフードが出てきました。

これは穀物の代わりに肉の量が増えているので結果的に高たんぱくなご飯になっています。

 

当サイトでいえばカナガンキャットフードがまさにそれです。

カナガンは材料にもこだわっていて平飼いチキンの肉の部分を60%も使っています。

なので非常に高たんぱくになっているんです^^

その他の無添加キャットフードとの比較表は下記のリンクよりどうぞ。

3 ダイエットにおすすめなフードとは?

 

市販のフードはチキンであれば、トサカやクチバシ・足などが含まれているものもあります。

消化に悪いのは当然ですよね?

どれくらいからが高たんぱくなの?

ってことなんですが、成分表に書かれている粗たんぱくが30%以上あれば

高タンパクと言って良いと思います。

 

ただし、何度も言いますがたんぱく質の「質」には充分気をつけて下さいね。

粗悪な材料を使った30%

厳選した材料のみを使った30%では全く別物です。

 

あなたも愛猫ちゃんに病気で辛い思いをさせたくないですよね?

それならカナガンキャットフードを選んであげましょう^^

 

 

コメントを残す