当サイト厳選!おすすめキャットフードランキング

当サイトで紹介している無添加キャットフードは全て成分を分析して私が実際に購入した商品です。良かったらランキングからレビュー記事を見てみませんか?

ヒルズの「サイエンスダイエット」を徹底評価!

main知恵袋などを見ていると「サイエンスが良いよ」という内容や「ヒルズのアダルトは良く食べる」などの書き込みがけっこうありました。それだけ認知度もあり、売れているということですね^^ただ、そんなサイエンスダイエットも実はちょっとした裏話があります。

 

実はヒルズもあなた(消費者)の目をごまかす為に、ある方法を使って原材料の表示を細工しているんです。あなたはこれを読んでもまだヒルズを選びますか?

ヒルズは「トウモロコシ」が主原料のキャットフード?

「ヒルズも」ってことは、当然他のメーカーもやっています。

 「アイムス」を徹底解析

ヒルズの商品なら何でもいいんですが、原材料の欄を見たことありますか?今回は「シニアプラス」の原材料表示を見てみましょう。(ヒルズの商品ならどれも同じような方法が使われています。)

capture-20151116-010918

画像はサイエンスダイエットの公式ページからもってきたものです。赤線部分を見て下さい。トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、コーングルテン、米~と書いてあります。*ちなみに原材料は材料を多く使っているものから左詰めで書いてあります。

 

まず「トリ肉」を「チキン」「ターキー」に分けてみましょう。次にトウモロコシとコーングルテンですが、これはどっちもトウモロコシなので「トウモロコシ」としてまとめてしまいます。

 

※実際には使用量が書かれていないので分からないんですがもしかしたらトウモロコシ、チキン、ターキーといった順番に変わってしまうかもしれません。(高品質なフードメーカーは使っている材料をパーセントで表示しています)

商品に書かれている内容

本来表示されるべき内容

トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、コーングルテン、米 トウモロコシ、チキン、ターキー、米

 

次に、下記の画像を見て下さい。これはカナガンキャットフードの公式ページから持ってきたものです。見て貰うと分かる通り、きちんと肉材料をどれだけ使っているのか?が書かれていますよね?乾燥チキンと骨抜きチキン生肉を分けて表示しても、それぞれがサツマイモ以上に多く使われていることが分かります。

capture-20151116-011243

肉を沢山使ったキャットフードと見せかける為の罠

これは他のメーカーも行っている表示のトリックなんですがあなたに「肉を沢山使っていますよ~」とアピールする為の方法です。

 

本当は少ない量しか使っていない肉材料をあたかもチキンとターキーを合わせることで「トリ肉」をメインにしたキャットフードのように書いてある訳です。逆に原材料にトウモロコシ、チキン、ターキーと書かれていたらあなたはそれでもヒルズのサイエンスダイエットを買いますか?

 

なぜトウモロコシが多いとおすすめ出来ないのか?それは次の文を読んで頂ければ納得してもらえるはずです。

トウモロコシが主原料のフードだと何がいけないのか?

ヒルズの商品に関して真実は分かりませんが、トウモロコシが主原料のフードとなると大変です。猫は穀物の消化を苦手とし、その能力は犬の2.5倍も劣ると言われています。

 

草食動物と違い、猫は肉食です。その為、草食動物と比べると腸が短く、穀物を充分に消化・吸収出来ません。つまり未消化のまま排出されてしまうということです。

 

当然、そんなフードをあげていれば猫ちゃんの消化器官には負担がかかりますし、栄養成分に書かれている値や猫ちゃんが本来1日に摂取するべき栄養を消化・吸収する前に排泄してしまうということです。

 

肉食の猫だから「肉」がメインのフードを選んであげましょう

niku_gyu猫が必要とする栄養素の多くは「肉」に含まれています。そして、猫は「肉」から必要とする栄養素を吸収出来るような体の作りになっています。例えば、日本人が欧米人に比べて米食の方が合っていると言われるのは、欧米人に比べて腸が長く米をきちんと消化・吸収出来る為とも言われています。

 

猫が穀物を全く消化・吸収できない訳ではありません。野生に近い猫科動物は獲物を内臓から食べます。内臓には不足しがちなミネラル分などが豊富に含まれている為です。

 

そして胃や腸には獲物が食べた未消化の穀物と一緒に酵素などが含まれています。猫にとって穀物はその程度の量で充分なものであって決して主食では無いということです。穀物がメインの食事を続けることで早い段階で何かしら消化器官の病気になるリスクが上がっていきます。

ヒルズのサイエンスダイエットの評価

以前はロイヤルカナンと同様にBHA(発がん性物質)を酸化防止剤として使用していましたが今は使っていません。この点は評価出来ます。

 

でもやはり、トータル的に考えた時に自社の「利益」を大事にしているフードって感じがしちゃいますよね。本当に猫の体を考えたフード作りをしているなら、やっぱり肉(動物性たんぱく質)が一番多く含まれているべきです。

 

なので私はヒルズのサイエンスダイエットをおすすめしません。

本当に安心できるものをあげませんか?

私がおすすめするのはカナガンキャットフードです。カナガンキャットフードは厳選された平飼チキンを60%使用も使っています。これは自信があるからちゃんと書いてあるんですね^^

カナガン

シンプリー

ファインペッツ

たんぱく質

37.0%

31.0%

32%以上

メイン材料

チキン60%以上

サーモン53%以上

鶏肉不明

そして、「猫に不要なものは使わない」グレインフリー(穀物不使用)です。穀物の代わりに割高だけど消化に良いサツマイモを使っているんです。全ては猫の消化・吸収を考えてのことなんですね^^

 

自社の利益や一番重要な原材料であなたを騙すような書き方をするメーカーを信用できますか?確かにヒルズの商品と比べると、割高になります。1ヶ月のご飯代もあがるでしょう。

 

でも、猫ちゃんに一日でも長く健康的で美味しいご飯を食べて欲しくないですか?ここまで読んでくれているあなたは、猫ちゃんへの愛情も人一倍強い方だと思います。どうか、猫ちゃんの為にも正しい選択をしてあげて下さいね^^

 

 

 

 

コメントを残す