当サイト厳選!おすすめキャットフードランキング

当サイトで紹介している無添加キャットフードは全て成分を分析して私が実際に購入した商品です。良かったらランキングからレビュー記事を見てみませんか?

キャットフード選びにおける猫ちゃんの幸せとは?

obaasan_catキャットフード選びの際、あなたも

 

無添加キャットフードで少しでも健康的に

 

と考えたことがあるのではないでしょうか?

 

逆にどうせなら

 

添加物を大量に使っていてもおいしい食事を

 

と考える人もいるのではないでしょうか?

 

先日、後者の考えを持つ方からメールを頂く機会がありましたので書かせて頂きます。

 

 

無添加キャットフードが不味い訳では無いということ

 

まず分かって欲しいのは、無添加キャットフードが不味い訳では無いということです。

 

確かに、猫ちゃんの食いつきを重視して作られた市販のキャットフードと比べれば

 

無添加キャットフードは猫ちゃんが「美味しい!」と感じる量は少ないかもしれません。
しかしそれは裏を返せば市販品はそれだけ大量の添加物によって、粗悪な材料に猫ちゃん好みの味付けをしているということです。

 

人間でも、健康に良いとされる玄米や減塩のものって少しとっつき難いですよね。

 

しかし食べている内に減塩にも慣れていき、素材や素材から出る出汁の味などを感じられるようになります。

 

無添加にして直ぐというのは、猫ちゃんもどうしても添加物によって付けられた

 

濃い味を忘れられず、無添加フードの自然の味を感じることが出来ないんです。

 

無添加キャットフードは「食いつき」よりも「健康」を考えたフード

市販のキャットフードが猫ちゃんの「食いつき」を重視するのに対して

 

無添加キャットフードは猫ちゃんの「健康」を第一に作られています。

 

なので余計な香料や保存料・着色料を使わず、それらを全て自然の素材で補っています。

 

市販の安いフードがなぜあれだけ安い価格で出回っているのかを考えてみてください。

 

あれだけの価格を維持する為に、材料は廃棄物同然のものを使用しています。

 

詳しくはキャットフードの怖さは添加物だけじゃなかったをどうぞ

 

そんな材料を固めただけの物は流石に猫ちゃんも食べません。

 

そこで安く手に入る香料の出番です。

 

猫ちゃんの食いつきを良くする為に好みの味・香り付けをする訳です。

 

市販のメーカーというのは、猫ちゃんの「健康」なんて考えてくれません。

 

「食いつき」が悪ければ売れない為です。

 

なので香料や保存料・着色料といった、猫ちゃんに全く不要なものを入れるのです。

 

では、「市販」と「無添加」どちらが幸せなのか?

 

この問題は正解が無く、飼い主の方の考えに大きく左右されると思いますが

 

あくまで私の考えを書かせて頂くと

 

市販のキャットフードをあげ続ければそれだけ添加物による病気のリスクは高まります。

 

金銭的な問題もあり、無添加キャットフードをあげられない場合もあるかもしれませんが

 

市販のキャットフードによって病気になってしまい、通院することになればそれだけお金もかかります。

 

それで済めばいいですが最悪は命を失うことにもなります。

 

激安と言われるフードをあげ続けた結果、重度の尿結石になり1歳あまりで無くなってしまった

 

といった悲しい記事をネット上で見かけます。

 

これらはすべて飼い主の責任です。

 

この世に生まれ、「短命でも良いから美味しい物を食べたい」なんて望むでしょうか?

 

人工添加物によって作られた偽者の「美味しさ」と「命」、比べるまでも無いですよね?

猫ちゃんが明日、重度の病気により亡くなっても良いと思える人なんていないはずです。

 

無添加のキャットフードは市販のものと比べると確かに高いです。

 

しかし、猫ちゃんと一緒にいる時間を買っていると思えば少し考えも変わるのではないでしょうか?

コメントを残す