無添加キャットフード「健康食」ランキング!!健康的なフード1位の座は!?

champion_board当サイトで紹介している無添加キャットフードを健康的なフードはどれか?という視点でランキングにしてみました^^

 

トップページのランキングは販売数・価格などがメインの「通販」ランキングでした。なので売れている順って感じですね。

 

なので今回は猫ちゃんの健康を考えたフードはどれか!?をテーマにランキングを作りました。

 

ランキングについては下記を基準に総合評価してみました^^

  • 消化
  • 安全性(ライフステージ)
  • 価格
  • 品質管理
  • 栄養素

基準の中に「価格」をあえて入れたのは、どんなに良いご飯でも続けられなければ意味が無いからです。「猫や犬の血液が入れ替わるまでには3ヶ月はかかる」と言われています。1袋(1ヶ月)無理して買って試しただけじゃどんなに良いフードにしてみても、毛並みやうんちの状態は中々安定しないんです。なので健康面に重点を置きながらも、「価格」面も評価基準に入れさせて頂きました。

 

1位は「カナガンキャットフード」

capture-20150424-141512

オススメポイントⅠ、グレインフリー(穀物不使用)

グレインフリーは食物アレルギー対策だけじゃないんです。普通のフードなら穀物でかさ増ししています。

 

カナガンは穀物を使わないので肉材料が多く使われているんです。猫ちゃんは肉食なので必要となる栄養素の多くは「肉」に含まれているので肉材料が多いと言う事はそれだけ栄養を吸収し易いということになります^^

おすすめポイントⅡ、穀物の代わりにサツマイモを使用

炭水化物となる栄養素は穀物の代わりにサツマイモを使っているんです。サツマイモって猫ちゃんの消化にはとても良い食材なんですが穀物と比べると高いのであまり使われないんです。。

 

穀物の代わりに使われているサツマイモは腹持ちが良くて、うちの子の場合ご飯の回数や量が減りましたね。けど、1粒1粒に栄養が凝縮されているので、痩せていくというよりはがっしりと引き締まった感じになりましたよ^^

おすすめポイントⅢ、尿結石もカバー

まず、高たんぱくなご飯はストルバイトを予防する効果があるんです。

これについては「尿のpHも原因の一つ」で論文へのリンクも張ってあるのでどうぞ。

 

また、カナガンに入っているクランベリーは尿酸値を安定させてくれる他、クランベリーに含まれるビタミンCは利尿作用もあるのでおしっこの回数も増えて、猫ちゃんがかかり易い尿結石をダブルでサポートしてくれます^^

おすすめポイントⅣ、高い衛生管理

国際規格を取ったイギリスのペットフード専用工場で作られています。また、加工前・フード完成後の2度にわたって品質検査をしているのであなたも猫ちゃんも安心出来ますね^^下記のリンクからカナガンキャットフードを続けていて感じた事や、実際のレビューなどをまとめましたのでカナガンが気になる方は下記のリンクボタンよりどうぞ^^

 

 

 

 

2位は「オリジンキャットフード」

capture-20150424-141655

おすすめポイントⅠ、グレインフリー(カナガンと同じ理由)

肉材料が全体の70%も使用!カナガンは鶏が60%でしたが、オリジンは70%これは私が知るキャットフードの中でも最も多い材料比率ですし、たんぱく質の量もカナガンを超えています。

 

ただ、その分お値段も凄く高いです^^;

おすすめポイントⅡ、尿結石予防に

食べたフードによって尿酸値を調整し、結石化を防ぐのに最も適した値(pH5)

 

カナガンとオリジンとでかなり迷いました^^;

決め手は価格ですね。オリジンの方がちょっと高めです。

 

それと容量も気になりました。オリジンは340gの次が2.27㎏入りしか無いんですね。340gだとかなり割高になっています(1匹でだいたい1週間分くらい)。2.27㎏だと2匹以上いればだいたい1ヶ月で食べきれるんですが、1匹飼いとなると無添加なので食べきるまでの酸化も心配ということで2位になりました。

 

 

 

 

3位は「ファインペッツキャットフード」

capture-20150424-141910

オススメポイントⅠ、尿結石予防(オリジンと同じでpH5)

ファインペッツも尿路結石の予防にはおすすめですが穀物が入っている為、3位にしました。ファインペッツは消化吸収率が87%と穀物の消化の悪さをカバーしていますが穀物が入るということは肉材料が減ってしまうってことなんですね。

 

消化吸収率が87%と高いからか、うちの姉猫は穀物アレルギー持ちなんですが症状が出ることもなく食べきれることができました。でもやっぱり穀物アレルギーを持った子にはおすすめできない為3位となりました。

 

 

 

 

4位は「シンプリーキャットフード」

capture-20150311-203408

シンプリーは累計販売数100万袋の圧倒的人気商品なんですがやはり穀物が含まれています。勿論、市販のキャットフードと比べれば穀物の量は全然少ないので、アレルギーを持ったうちの子でも症状を出さずに食べきれました。

 

でも、ファインペッツと同様に穀物アレルギーを持った子に積極的におすすめ出来る?と聞かれると答えはNOです。加えてファインペッツよりも高いということで残念ながら4位とさせて頂きました。