無添加キャットフード(ドライ)の保存で最低限気をつける3つのポイントとは?

kaden_reizouko_open-300x272キャットフードをあげていて困るのが保存方法ですよね。市販のキャットフードであれば防腐剤などの添加物によって開封後もある程度品質が保たれます。

 

それでも高温・多湿の地域になると、夏場はキャットフードから酸化した油の臭いがしてしまったりします。そうなってしまったものは絶対に捨ててくださいね。酸化してしまったフードはお腹を壊したりと消化に悪くなってしまいます。

 

そうなると、無添加キャットフードは更に気を使わなきゃいけません。保存に気を使わなきゃいけない部分は市販のキャットフードと比べてデメリットになりますね。ただ、きちんと保存することで鮮度を保てますし、その代償として危険な添加物を避けることが出来ます。

 

今日はそんな保存方法について解説していきます。

 

 

「無添加キャットフード(ドライ)の保存で最低限気をつける3つのポイントとは?」の続きを読む…